逆SEO業者とは

逆SEO業者とは、会社名や個人名で検索したときに、悪質な名誉毀損や誹謗中傷のサイトが上位表示されないように対策を行う会社のことです。 現在、Googleなどの検索エンジンは、ネット上での不当な名誉毀損や誹謗中傷などに対する対応が十分にできておらず、検索によって被害を受ける会社や個人が急増しています。 こうした被害の食い止めのために対策を行うのが、逆SEO業者です。

逆SEO業者比較のポイント(選び方)

信頼性

逆SEO業者を選ぶにあたって、最も大切なのは、信頼性です。その理由は、逆SEO業者は、貴社の「ブランド」の構築を担う業者になるからです。 信頼できる逆SEO業者に依頼することで、貴社のブランドを悪しきネガティブサイトから守ることができます。

実績

逆SEO業者の選定にあたって是非考慮したいのが、実績です。逆SEOにおいては、ネガティブサイトの順位を下げるための実力が求められます。 その実力は、様々な過去の経験に基づいて養われるものです。実績がなければ、逆SEOのノウハウや技術を蓄積することはできません。

価格

逆SEO業者選びに欠かせないのが、「価格」という視点です。逆SEOの料金は、業者によってまちまちです。業者によっては値段がかなり高くなってしまいます。 しかし、逆SEOの世界では、「料金が高い=質が良い」ということは決してありません。 実力のあるSEOや逆SEOの業者であれば、低コストでスピーディーに結果を出すことができます。 一方、技術やノウハウがない業者にいくら高額のお金を払っても、効果が出ません。安くて実力のある業者を選ぶのが一番です。

営業(セールス)をしてくる業者はNG

営業やセールスをしてくる逆SEO業者は、避けたほうがいいでしょう。 逆SEOの実力がある会社なら、「逆SEO」などのキーワードで検索上位を占めることができるはずです。 検索上位に表示されていれば、営業やセールスは必要ありmせん。 営業を積極的にしてくる業者は、「実力がない」と判断したほうが無難です。 また、営業に経費をかけている分、料金は高くなります。

広告を出している業者はNG

検索結果の画面などにネット広告を出している逆SEO業者も避けたほうがいいでしょう。 逆SEOの実力がある会社なら、わざわざ広告枠を買わなくても、検索上位に自社のサイトを表示できるはずです。 広告を出している業者は、「実力がない」と判断したほうが無難です。

実績・価格・信頼性なら株式会社WEB広報

実績・価格・信頼性などの観点で逆SEO業者を選ぶなら、株式会社WEB広報が最適です。WEB広報は、実力ナンバーワンの逆SEO専門会社です。

比較サイトによる相見積もりの注意点

逆SEO業者の比較サイトなどを使って相見積もりをするときは、会社名や個人名をできる限りに教えないようにしたほうがいいでしょう。 教えてしまうと、逆SEO業者によっては、様々な形で検索を行ってしまう恐れがあり、サジェスト汚染などを悪化させる原因になりかねません。

逆SEOの問い合わせ